BLOGブログ
BLOG

「論語」を読んでの感想。

2019/08/28

こんにちは。本日は雨が降ったり止んだり、風が強く吹いたりして不安定な天気ですね。

ところで、今日は「論語」を読んでとても印象に残った内容をお話したいと思います。それは社会人として「才能」より「徳」の方

がとても大切で「徳」を身につけることで組織をまとめ、一人一人の能力を引き出すことができるからです。

「才能」は頭のよさや、物事の処理能力の高さなどの事を言い、「徳」とは「人間関係のなかでの、よき行動のルール」で例えば、

「約束したことは必ず守る」「嘘をつかない」「感情をコントロールできる」など「この人なら信用できる」と思ってもらえる人物に

なり「立派な社会人だ」「いい上司だ」と賞賛されるようになることが「徳」働きだと学びました。

「徳」と「才能」は共に必要な事ですが、地位が高くなるほど、「徳」の方がより重要だと判りました。日々勉強ですね。